大学生からブレイクダンスを始めたい方へ【絶対にダンスサークルに入るべきです】

ブレイクダンス

 

 

あなた
あなた

大学からブレイクダンスを始めたい。

サークルがあるけど、初心者からどのくらい上手くなれるんだろう。スクールに通う方がいいのかなぁ。

 

こんな方々は必見です!

ブレイクダンスには3種類の「始め方」があります。

  1. スクールに通う
  2. 独学
  3. ダンスサークルに入る
先生
先生

そしてダントツでおすすめなのが、「③ダンスサークルに入る」ことなのです。

 
あなた
あなた

どうしてサークルがいいの???

 

 

スポンサーリンク

大学からブレイクダンスを始める人は、サークルに入ろう

大学からブレイクダンスを始める人は、絶対にサークルに入るべきです。

その理由は、

他の「①スクール」や「②独学」に比べて、メリットが明らかに多いからです。

 

先生
先生

筆者が思うに、上達も一番早いですよ!

以下、詳細を解説していきます。

 

 

そもそも、ブレイクダンスの3種類の「始め方」って何?

ブレイクダンスは始め方が3つあると言いました。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを基に、比較してみましょう。

 

①スクール(ダンス教室)

「圧倒的に上手い人」がブレイクダンスのレッスンをしてくれます。

レッスン形態は様々です。最も一般的なものが、「スタジオの中で複数の生徒と一緒にレッスンをする」形態です。

また、マンツーマンで教えてもらう「プライベートレッスン」や、離れていても受講できる「オンラインレッスン」もあります。

メリット

・分からないことがすぐに聞ける

・上手い人が目の前にいるため、モチベーションになる

・レッスン仲間がいる

デメリット

・時間や場所に縛られる

・お金が高い

 

 

②独学(YouTubeなど)

レッスンを受けないで上達を目指すこと。

基本的に一人ですから、良い面と悪い面がはっきり出ます。

メリット

・好きな時間と場所でできる(自分のペースでできる)

・お金がかからない

デメリット

・上達が遅い(人に指摘されづらい)

・モチベーションを維持しにくい

 

 

③サークル

ブレイクダンスの始め方の記事では「スクール」か「独学」のどちらが良いのかという比較ばかりです。

しかし、大学生のあなたにはもう一つの選択肢「サークル」があります。そして「サークル」は、「レッスン」と「独学」のどちらのメリットも含まれているのです。

 

 

大学のダンスサークルのメリット

①先輩からあれこれ教えてもらえる

サークルでは、先輩が後輩に教えていくシステムですので、「独学」で練習するよりも早く上達できます。そして、「スクール」のように教わるのにお金がかかることはありません。

 

②仲間がいる

そして最も重要な点は、一緒に切磋琢磨する仲間がいるということ。

楽しい時間を共有できる仲間がいることでモチベーションを維持できます。分からないことはお互いに教え合えます。そしてお互いの知り合いを紹介し合うことで新しい人脈を築けます。「独学」ではできませんし、「スクール」よりも深い関係の仲間ができるのです。

先生
先生

本当に、これが一番ありがたいメリットです。

 

③初心者が入りやすい

大学からブレイクダンスを始める人はたくさんいます。そして「サークル」で始めるのが最もハードルが低いものかと思います。

 

↓こちらに詳しく書いてあります。

ブレイクダンスを大学生から始めるのって遅いの?【正直に書いてみた】
 大学生からブレイクダンスを始めたいんだけど、年齢的にちょっと遅いかなぁ?実際に大学からブレイクダンスを始めた筆者が、リアルな実情を教えます! ということで、ブレイクダンスを始めたい大学生のあら...

 

④イベントがある

ダンスは練習だけしていても、何のためにやっているのかわかりませんね。

ショーケースやバトルなど、様々な発表の場(イベント)があってこそ楽しめるものです。サークルに入っていれば、サークル内のイベントがあるため、定期的に自分の踊りを人に見せることができます。さらに、外部のバトル等にもサークルの仲間と一緒に行けば、参加しやすいです。

 

 

 

大学のサークルでやるブレイクダンスって実際にどんな感じ?

大学生のサークルが行うイベントを少し覗いてみましょう。

イベントは「ショーケース」「バトル」の2種類があります。

①ショーケース

曲や振り付けを事前に決めて練習し、披露すること。観客をダンスで楽しませることが目的。アクロバティックな動きあるブレイクダンスは非常に盛り上がります。

 

以下の二つは新歓(新入生歓迎会)イベントです。

立教大学(D-mc)

 

法政大学(HSD)

 

先生
先生

非常に活気のあるショーですね!楽しそうです。

 

 

 

②バトル

「DJ」がその場で選曲した曲で、「ダンサー」が即興で交互に踊り、どちらが優れいていたかで「ジャッジ」が勝敗を決めるもの。

 

以下の二つは、大学生のバトルイベントで最も規模が大きく有名なもの。(全国大会的なもの)

「KING OF COLLEGE」(大学対抗クルーバトル)

 

「BUZZ STYLE」(チーム対抗バトル)

 

 

先生
先生

ああ青春だなぁ..。

非常にレベルが高く、めちゃくちゃ盛り上がっていますね!

 

 

 

大学のダンスサークルのデメリット

もちろん大学のダンスサークルでブレイクダンスをするのにも「デメリット」はあります。

①最初に一人でサークルに足を運ぶ勇気が出ない

これ意外と切実ですよね。

「ダンスサークルってなんか怖いし…」「初心者がダンス始めたいって言って受け入れてもらえるの?」なんて考えてしまいます。

 

しかし、そんな心配は全くの無用。サークルは新入生を入れるためにめちゃめちゃ必死です。「経験者しか受けつけない」なんていうサークルは一つもありません。

先生
先生

そして、大学からブレイクダンスを始めたいという人は非常に多いんです。

 

↓勇気が出ない方は是非この記事をご覧ください。

ブレイクダンスを大学生から始めるのって遅いの?【正直に書いてみた】
 大学生からブレイクダンスを始めたいんだけど、年齢的にちょっと遅いかなぁ?実際に大学からブレイクダンスを始めた筆者が、リアルな実情を教えます! ということで、ブレイクダンスを始めたい大学生のあら...

 

 

②サークル内のレベルが低いと物足りない

「上手くなりたい」という気持ちが強い人が直面する悩みです。

各サークルによりますが、ダンス教室の先生のように「圧倒的で絶対的な存在」がいない。周りのダンスへの熱量やレベルが合わなくなると不満が募っていきます。

 

そんな方の解決策は、サークルとは別に、週一でレッスンに通ったり、ワークショップ(1日レッスン)に行ったりすることです。

先生
先生

サークルという居場所を作っておくことは非常に大事です。サークルを拠点に外部などに挑戦していくのが一番ベストですよ。

 

 

③そもそも大学にダンスサークルがない

大学にブレイクダンスができる環境が無い!という方もよくいます。

自分が通っている学校にダンスサークルがない場合は、SNSやインターネットで「インカレ」のダンスサークルを探しましょう。「インカレサークル」とは、大学生であれば誰でも入れるサークルです。最近はこの形態のダンスサークルが増えてきました。

先生
先生

自分の通う大学の近くにある大学で、インカレのダンスサークルがないか探してみましょう!

 

 

サークルに入る前にやっておくべきこと

悩んでいる人
悩んでいる人

ブレイクダンスをするのに、必要なもの・最低限買うべきものって何だろう?

先生
先生

こちら記事にまとめました。まずは、「Tシャツ」と「スニーカー」です!

 

ブレイクダンス初心者が絶対に買うべき必要なもの7選【おすすめグッズ】
 ブレイクダンスを始めたいけれど、とりあえず何が必要なんだろう?どんな商品を買えば良いの? 先生初めは具体的に商品・ブランドを教えてくれないと、何が良いのか分からないですよね。 本記事ではブレイ...

 

 

 

 

 

 

コメント