ブレイクダンス初心者が絶対に買うべき必要なもの7選【おすすめグッズ】

ブレイクダンス

 

あなた

ブレイクダンスを始めたいけれど、とりあえず何が必要なんだろう?どんな商品を買えば良いの?

 

先生
先生

初めは具体的に商品・ブランドを教えてくれないと、何が良いのか分からないですよね。

 

本記事ではブレイクダンスグッズを知り尽くした筆者が、定番の人気商品を項目ごとにいくつか紹介いたします。

 

スポンサーリンク

ブレイクダンスを始める上で必要なもの

ブレイクダンスは、音楽と身体があればできると言いますが、それは極端な話。

実際には、音楽をかけるためのスピーカーやファッションアイテムが、必須になってきます。特にファッションは非常に重要視されており、バトルでは審査の対象にさえなります。

  1. 最重要アイテム
  2. 必要アイテム
  3. あると便利

重要度で三つに分けました。ぜひこの記事で探してみてください。

 

当サイトはAmazonや楽天のリンクを貼っています。店頭で買うよりも安価で購入できますので、ネットで購入することを強くお勧めします!
 

最重要アイテム:Tシャツ/スニーカー

ブレイクダンスは「用具」がいりません。

しかし、それゆえに非常に重要なのが、「ファッション」す。

先生
先生

これを着ておけば間違いなし!といった定番グッズをご紹介します。

Tシャツ

練習着は汗を大量にかいたり、汚れたりするため消耗品です。何着持っていても足りることはありません。

先生
先生

そこで重要なのが、安さ。

まずは誰もが着ているものを買ってみましょう!

 

①ユナイテッドアスレ「ハイクオリティーTシャツ」

まさに王道かつ定番。低価格・高品質です。

bboyであれば誰もが2.3着は必ず持っているはず。

練習着として非常に人気があります。最大の魅力は「めちゃくちゃ安い×生地が丈夫」なこと。シンプルな無地でカラーバリエーションが約50種類と非常に豊富です。Tシャツは消耗品ですから、2,3枚のまとめ買いがおすすめです!

 

②Championの「Authentic ベーシックTシャツ」

ブランドにこだわるならこちら!

とにかく、ダンスの時に映えるシルエットです。

腕のさりげないロゴが映えます。大きめに着るのがポイント(袖が肘にかかるくらいのサイズがおすすめです)。ユナイテッドアスレよりほんの少し値が張るだけで、普段着でも着られるほどかっこいいデザインです。

 

スニーカー

普段用の靴とは別に、「ダンス用のスニーカー」が必須です。

先生
先生

一番重視するべきは「履きやすさ踊りやすさ」。重すぎたり、硬すぎたりするスニーカーはやめておきましょう。

①コンバースのオールスター(converse/all star)

ブレイクダンスのスニーカーで一番の定番です。

 
何といっても驚くほど「安い」
ブレイクダンスをするなら、靴はすぐにボロボロになります。消耗品であることが当たり前になります。だから「安さ」は本当に重要。とりあえず安く用意したいのなら、コンバース買っておけば間違いなしです。
②ヴァンズのオールドスクール(vans/old skool)

魅力は「踊りやすさ×優れたデザイン性」

 
もはやストリートの枠を超えて世界中の人々の定番となった「オールドスクール」。ブレイクダンス界でも長く愛されています。非常にスタイリッシュな印象になります。中敷に分厚いクッションが敷かれているため、とても踊りやすくなっております。
 
③アディダスのガゼル(adidas/gazelle)

最もコスパの良いスニーカーです。世界中から愛されている商品。

上の二つのデメリットは「耐久性が低いこと」です。

ブレイクダンスに耐え切れるような強度で作られていないため、壊れやすいとも言えます。それに比べて、「gazelle」はとても丈夫です。長く履き続けたいのであれば100%こちらです。筆者は1年半ほどダンスで使用しておりますが、まだまだ履けるほど丈夫です。ブレイクダンスが生まれた当初から人気のある定番老舗の商品です。

 

 

必要アイテム:スピーカー/ニット帽

bboyであれば必ず一つは持っている「スピーカー」「ニット帽」

それぞれ定番・コスパ重視・ブランドなど様々な視点から厳選しました。

スピーカー

一人で練習するときは必ず使いますよね。bboyは必ず一つ持つことになると思います。

先生
先生

JBLとMujiliというブランドをご紹介します。

①JBL /FLIP5

ど定番で王道。世界で有名なブランドJBL

安心できる大音量・高音質

JBLは全国の音楽シーンで愛用され続けている、世界最大級のオーディオメーカーです。このFLIP5は、私も愛用しているタイプ。どんなに広い練習場所でも十分です!

デメリットは少し重いため持ち運びが少し気になります(まあスピーカーは全部重いのですが、笑)。

 

②JBL/ GO2

①よりも小さめが欲しい方へ

これは持ち運びに非常に便利なタイプ。

①の「FLIP5」が「少し高いな・重いのは嫌だ」と感じる方は、もう一回り小さめのこちらの商品がおすすめです。普通に練習する分には何も困りません。bboyはこのサイズを持っている方がとても多い印象です。

 

③Muzili/SC211

コスパ最強。ジワジワと有名になりつつある商品。

本当に安く済ませたければこちらですね。

こちら驚くほど大音量のですが、何といっても軽い。JBLの他によく使われている商品を挙げるとしたらこちらです。私も友人がこちらを使用していたので思い入れがありますが、JBLに全く負けないほどのスペックした。

 

ニット帽

ファッションの要素も強いニット帽ですが、ブレイクダンスは頭をかなり打つので最初のうちは怪我防止の観点で必須です。

先生
先生

特にウインドミルなどの大技(パワームーブ)をしたい方は必須です。付けないと痛くて練習が捗らないですし、頭にコブができます。本当に痛いです。

 

①ニューハッタン(Newhattan)

bboyが使うもので、最も安いニット帽

 
ニット帽も汗をかいたり、地面を擦ったりするのですぐ使用感が出てしまいます。消耗品ですので、1000円程度で購入できるのは非常に助かります。日によって色を変えたりする楽しみ方もできます!
 
②ディッキーズ(Dickies)

コスパ最強はこちら。

ニューハッタンのニット帽よりも少し高いですが、グレードはその分上です。まず欠かせないのがワンポイントタグ。そして、柔らかい素材、抜群の被りやすさ、心地の良さ。お値段と質がともに合格点のコスパ◎商品です。


③カーハート(Carhartt)

「デザイン性+機能面」で選ぶならこちら。

とにかくかっこいい。被った時のシルエットが最高です。

素材も柔らかく、生地が分厚いので衝撃吸収にも優れています。bboyの中で一番被られているニット帽です。大げさでなく、一人一つはこちらを持っているイメージです。

 

※ヘッドスピンorドリルがしたい方のニット帽

スピンニットと呼びます。

 

ニット帽に滑りやすい素材を加えたものです。こちらを被ると、回転のスピードや周数が格段に上がります。ヘッドスピン・ドリルをしたい方には必須となっています。

 

 

ブレイクダンスあると便利:サポーター類

ブレイクダンスは本当怪我がつきものです。

普段のストレッチがとても重要ですが、ブレイクダンスは尋常でない負担を体にかけるため、技によってはサポーターが必須となります。

 

先生
先生

「怪我を予防する+技をやりやすくする」という二つの面でサポーターは機能します!

手首サポーター

最も多い怪我が手首の故障です。

ブレイクダンスは「手」を酷使します。一度痛めると中々治らず、下手すればずっと痛みと隣り合わせなんてことも(筆者の体験談)。皆さんも気をつけてください。


この手首サポーターは、ケガの予防に本当に大事です。1990やハンドグライドなど、サポーターをつければ素手の時よりもよく回るので、パフォーマンスを上げるという目的で使う方も多いです。

こんな人におすすめ:トーマス・マーシャル・ラビット(縦系)・1990(ナインティナインティ)等をやる方
 

膝サポーター

膝を打つと本当に痛いです。

これも最初のうちは持っておいた方がベストです。慣れれば割と平気になりますが、初めのうちは大怪我をする可能性もありますのでぜひ。

バレー用が一番ベストです。必ずパッド付きをご購入ください。

こんな人におすすめ:フットワーク・レッグワーク(プレッツェル等)・スレッドをやりたい方
 

肘サポーター

非常に便利で、安定性が格段に上がります。

つまり、パフォーマンスがめちゃくちゃ向上するのです。肘を使う技をする方は必ず買っておくべきです。こちらも必ずパッド付きをご購入ください。

 

こちらはバレー用。ブランドにこだわりがなければこれで十分です。

「BUG」というストリートダンスブランドの商品もあります。

こんな人におすすめ:縦系の方、肘倒立・エアーベイビーなど肘を使うフリーズをする方
 
 
 

ひとまず買って、実際にブレイクダンスを始めよう!

どれもあまり高い商品はないため、初期費用はかさばりません。とりあえず買うべきものとして最安値の商品を買っていくのもアリかなと思います。当記事が参考になれば幸いです。

 

ご質問等ありましたら、記事へコメントやTwitterのDMをしていただければすぐに対応いたしますので、遠慮なくどうぞ!

 

 

コメント