もう気まずくならない!小学生でも読める村上春樹おすすめ作品 5選

村上春樹

 

小学生の息子娘が村上春樹を読みたがっている。
簡単で性的な描写がない小学生向けの作品を知りたい…。

先生
先生

こんな方々に必見です。

村上春樹作品を愛する私が、厳選してご紹介します。文学入門としても最適なものですよ。

 

小学生にこそ読ませたい、おすすめの作品を5つご紹介します!

 

スポンサーリンク

小学生向けの村上春樹作品の特徴

先生
先生

実は村上春樹って、「小学生向けの作品」をちゃんと用意しているんです!

読みやすい

村上春樹の作品は、易しい言葉遣いで有名です。つまり、非常に読みやすいのです。その中でも、小学生でも読みやすい作品をご紹介します。

性描写がない

村上春樹の作品は性描写が本当に多い。

有名な作品に限ってその傾向が強いため、親御さんは不安を感じるでしょう。これを踏まえ、小学生でも読めるような性描写の存在しない作品を紹介します。

 

 

小学生向けの村上春樹:絵本編

先生
先生

まずは絵本から!
絵本といっても「イラスト付きの短編小説」といえます。

①『羊男のクリスマス』

一番のおすすめ。絵本の中で最も有名です。

* 対象年齢:小学校低学年〜
* イラスト:佐々木マキ
* ページ数:68

「羊男」とは架空のキャラクターで、羊の被り物をした男のこと。そんな彼の心温まるクリスマスのお話。
彼の可愛らしい姿やファンタジックな空間を楽しめます。難しい話は一切なく、村上春樹の世界観に触れることができます。

 

②『ふしぎな図書館』

短編小説『図書館奇譚』を子供向けにした作品。

* 対象年齢:小学校低学年〜
* イラスト:佐々木マキ
* ページ数:98

図書館の地下にある牢屋に閉じ込められた主人公が、「羊男」と一緒に地下から脱出するお話。
『図書館奇譚』という短編小説を易しい言葉遣いに変え、子供でも読める絵本にしました。主人公が成長する様子が見え、児童書として最適です。

 

③『ふわふわ』

猫好きのお子さんはこれで決まり。

* 対象年齢:小学校中学年〜
* イラスト:安西水丸
* ページ数:54

大の猫好きで知られる村上春樹が、子供の頃に飼っていた猫の話。
とにかく絵も文章も「ふわふわ」しています。読んでいて心温かく、幸せな気持ちになれます。

 

 

小学生向けの村上春樹:短編集編

先生
先生

「短編小説」の中から、小学生向けの読みやすいものを選びました。

①『はじめての文学』

迷ったら、まずはこれ。

文学入門向けとして、村上春樹自身が選んだ短編17作品。

若者向け、文学入門向けの作品の中から、読みやすいものばかりを集めています。

さらに、難しい漢字にはふりがな、文字は大きめで読みやすくと徹底的に改変しました。国語の教科書に載っている作品やNHKで教材に使われた作品が収録されています。

 

②『カンガルー日和』

短編集の中で一番読みやすい作品

全18話の入門書。小学校の学級文庫向きです。
全作品がなんと約5ページずつ。挿絵やレイアウトなどの工夫により、非常に読みやすくなっています。かといって、浅い内容というわけでなく文学としての評価も高いです。家族で読み回してみるのもいいかも。

 

 

村上春樹の長編小説を読みたいと言われたら…

こどもが『ノルウェイの森』や『1Q84』など有名な長編小説を読みたがっている。性描写ばかりと聞くから、読ませたくない…

 

先生
筆者

そんなときの画期的な方法があります!

下の記事をどうぞ!

 

「村上春樹を読みたい」我が子への対処法 | 性描写を小学生に見せたくない親へ
 小学生の息子娘が『1Q84』『ノルウェイの森』を読みたいと言ってきた。性描写が多めと聞くから、悪影響になりそうで怖い。できるだけ読ませたくないなぁ..。 筆者こんな親御さん、たくさんいらっしゃるかと...

 

コメント