ブレイクダンスの始め方 | 初心者はまず練習環境と仲間を作ろう!

ブレイクダンス

 

 

あなた
あなた

ブレイグダンスをやってみたい。

でも、周りに経験者がいないし、きっかけもない。どうやって始めればいいんだろう?

 

先生
先生

こんな方々は必見です。
実はブレイクダンスを始めるのってとても簡単なのです。

 

完全な未経験者・初心者がどうすれば始められるのか?
ブレイクダンスを始める一歩の踏み出し方をお教えします。

 

スポンサーリンク

ブレイクダンスの始め方は3種類

ブレイクダンスの「始め方」には、大きく分けて3つあります。

  1. 「スクール」に通う
  2. 「独学」
  3. 「ダンスサークル・部活」に入る

 

それぞれ違いや特徴があり、最も優れているというものはありません。

メリット・デメリットを基に比較してみましょう。

先生
先生

あなたに合った始め方を探してみましょう!

 

 

①スクール(ダンス教室)

週に一度、プロの先生がブレイクダンスを体系的に教えてくれます。

最も一般的で、一番始めやすい方法です。

先生
先生

小学生ばかりな印象があると思います。

しかし、大学生や社会人の方々が受けられる「一般コース」を設置しているスタジオはいくらでもありますよ!

 

メリット

・分からないことがすぐに聞ける
・上手い人が目の前にいるため、モチベーションになる
・レッスン仲間がいる

デメリット

・時間や場所に縛られる
・お金が高い


レッスン形態は様々で、最近は距離が離れていてもレッスンが受けられる「オンラインレッスン」が増えてきています。また、個人間でレッスンをお願いする「プライベートレッスン」もございます。


↓スクールを探したい方はこちらの記事で詳細をどうぞ

ブレイクダンスのスクール教室を探す方法 | 初心者は個人レッスンがベスト
 ブレイクダンスを習いたいけれど、スクールやレッスンはどう探せばいいんだろう?  こういった方々は必見です。今回は、ブレイクダンスの「講師やスクールを徹底的に探すためのサイト」をご紹介いたします。 ブレイクダンス...

 

 

②独学

レッスンを受けないで上達を目指すこと。
基本的に一人ですから、良い面と悪い面がはっきり出ます。

 

先生
先生

今はYouTubeにレクチャー動画が大量にあります。

しかも全部無料です!

 

メリット

・好きな時間と場所でできる(自分のペースでできる)
・お金がかからない

デメリット

・上達が遅い(人に指摘されづらい)
・モチベーションを維持しにくい

 

独学は一人で自由にできる分、正しい方法を知らないと上達スピードが遅くなってしまう恐れがあります。

↓独学での上達を目指す方は、こちらをお読みください。

ブレイクダンスを独学でやりたい!ひとまず初心者から抜け出す完全ガイド
  あなたブレイクダンスを「独学」でやりたい!でも、どうやったら早く上達するんだろう....どのくらいで人前で踊れるくらいになるんだろう.... 先生こういった方々に必見です。「独学」で、...

 

 

③サークル・部活

主に学生の方が利用できるかと思います。
なんといっても、メリットがとても多いです。「スクール」と「独学」の両方のメリットがあり、最もハードルが低い始め方です。

先生
先生

学生であれば、一番おすすめできる方法です!

メリット

・周りからあれこれタダで教えてもらえる
・親密になれる仲間がいる
・初心者が入りやすい
・たくさんのイベントがある(ショーケース、バトル)

デメリット

・最初に一人でサークルに足を運ぶ勇気が出ない
・サークル内のレベルが低いと物足りない

 

サークルに関しては非常に詳細な記事を書きました。

↓大学生向けの、サークルでブレイクダンスをするための記事です。

大学生からブレイクダンスを始めたい方へ【絶対にダンスサークルに入るべきです】
  あなた大学からブレイクダンスを始めたい。サークルがあるけど、初心者からどのくらい上手くなれるんだろう。スクールに通う方がいいのかなぁ。 こんな方々は必見です!ブレイクダンスには3種類の「始め方」があります。...

 

 

さっそくブレイクダンスを始めよう

このようにブレイクダンスを始める機会は沢山あります。

そして、

  • 「サークルに入って週1でレッスンを受ける」
  • 「プライベートレッスンを受けつつ、地元の練習場所で練習する」

など、選択肢を掛け合わせてみることが一番良いです◎

 

先生
先生

あとは少し勇気を出して自分で挑戦するだけです。

これがきっかけとなり、ブレイクダンスを始められたら幸いです。

 

コメント