【韓国】「日本語で診察可能な病院」で全く日本語が通じなかった話と解決策

韓国

今回は私の体験をもとに、韓国で病院に行く際の注意点をご紹介します。

知らず知らずに私は大失敗&後悔をしました。

韓国で日本語で診察してくれる病院に行きたい!

という方は必見です。

スポンサーリンク

ネットにある「日本語で受診可能な病院」で全く日本語が通じなかった

韓国では、日本人のための日本語で診察が可能な大病院が多数あります。

しかし、ネットでは日本語可能と書いてあったのにも関わらず、私が訪れた大病院では日本語での診察は不可能でした。

今回は皆様が私と同じ目に遭わないために注意すべきことを書きます。(対処法も下に載せてあります!)

韓国で日本語が通じる病院

私はダンス留学のため、韓国に2ヶ月ほど住む予定でした。

しかし滞在中ひどく腰を痛め、日常生活にも支障が出てきました。大手の海外保険にも入っていることもあり、病院に行くことを決意しました。

Googleで「日本語の通じる病院 韓国」と検索

様々なサイトがあり、どれも同じ病院を紹介していました。

その中でも「日本大使館のホームページ」が最も信頼できると思い、アクセスや整形外科の先生などを考慮し「ソウル聖母病院(서울성모병원)」に行くことを決めました。

日本大使館のHPには、こう書かれています。

現在、ソウル市及び京畿道には、当館で把握している限り、次の「日本語で受診可能な医療機関」において日本人専用電話を設置しており、日本語による相談が可能です。

日本語が通じる医療機関への連絡方法|在大韓民国日本国大使館)

「日本語で受診可能」「日本人専用電話を設置」とあり、非常に安心しておりました。

(※ちなみに、他のサイトでも「日本語の通じる病院」は8〜10個ほど載っており、病院名サイトによってばらつきなし。「ソウル聖母病院」は必ずありました。)

保険会社の紹介

↓保険会社にも問い合わせたら、このようなメールがきました。

f:id:humblerap000:20200322162451j:plain

通訳がいるのならもっと安心です。

病院で全く日本語が通じなかった

 日本人専用電話は日本語じゃない

平日の午後に公衆電話に行き、日本人専用電話の番号へかけてみました。

しばらくの間でませんでしたが、やがて誰かが電話に出ました。韓国語で何か言っているので「ジャパニーズプリーズ」と言いました。が、無言のまま

何度か話しかけると電話を切られてしまいました。

日本人専用電話ですから、韓国語で話されること自体に戸惑いました。保険会社にメールで問い合わせてみると、

f:id:humblerap000:20200322161000j:image

  • 保険会社の方の電話には、日本語が話せる方が出た
  • 今は忙しいから後にして
  • タイミングを見てかけてきて

「?」ばかりでした。

電話番号を確認して30分後にもう一度かけてみました。が、先ほどと同じく、韓国語&無言&電話切る。

その後も何度かかけましたがダメでした。もう絶対嘘じゃん(泣)

直接病院に行ってみた

f:id:humblerap000:20200322180034j:plain

(https://www.konest.com/contents/clinic_mise_photo.html?id=3665)

らちがあかないので、その日に「とりあえず予約だけとってやる」と思い、直接病院に行きました。

手こずりながらもたどり着き、海外用の受付へ。そこに「日本人」と看板の建てられた受付があったのです。受付には女性が一人。めちゃめちゃ日本語ペラペラでした。(日本人だと思います)

電話を何度もしたけど切られたこと、だから直接予約しにきたことを伝えましたが、そんな電話は来ていない」と言われました。終始、面倒くさそうに対応してくださいました。

f:id:humblerap000:20200322180141j:plain

(https://www.konest.com/contents/clinic_mise_photo.html?id=3665)

症状を伝え予約を希望すると、

  • 整形外科の先生は早くても4日後なら診れるかもしれない
  • 日本語での意思疎通はできない
  • 英語か韓国語を使ってもらう

と彼女は言いました。

なんと、「日本語で受診可能」と書いてあったのに、できませんでした。

そして診察日も、水曜日は診察ができない可能性が高いが、金曜日は診察できるかもしれない、と曖昧に言われる。しつこく聞くと問い合わせるから椅子に座って待っていて欲しいと言われました。

結局、水曜日に診察できると言われましたが、もう嫌気がさして帰りました。

 

日本語受診可能な病院を見つけるには?

結局、日本語が通じたのは受付の舐めた態度をしてくる女性のみでした。

あまりにも悔しいので、私の反省も含め皆さんにもっと良い病院探しを提案します。

①複数の医療機関を比較する

f:id:humblerap000:20200322180408j:plain

私は、「早く病院に行って治したい」という思いで焦っていました。そしてアクセスの良さ(住居からの近さ)のみで病院を選択してしまいました。

大病院は約10棟もあり、さらに個人病院、クリニックも含めたならばもっとあります。それらをしっかりと調べて比較するべきだったのです。

②必ず日本人専用電話を使う

「 日本人専用電話番号がある病院」と「ない病院」があります。

必ず日本人専用電話がある病院を使いましょう。

そして電話で様々な質問を事細かに聞き、不満のないようにしましょう。私のように、それらの対応が適当だったり、形骸化していたらNGです。

その時は、違う医療機関を選べば良いのです。韓国の地下鉄やバスは料金が驚くほど安いため、多少場所が遠くても許容だと思います。

③医師によって診察や治療法は変わる

私は、結局違うソウル市内の病院にいきましたが、そこではレントゲンも撮らず「腰椎分離症」と判断して牽引治療と電気治療を何度も行いました。

腰の痛みが全く変わらず痛いため、日本に帰国し大病院に行きレントゲン、CT、MRIをしたところ「腰椎椎間板ヘルニア」だったことが判明しました。そして理学療法士によるリハビリを受けました。

f:id:humblerap000:20200322180504j:plain

「韓国にいる」というだけで医療費や手間などを気にして「ちゃんとした」診察を受けられないことがあるのも事実です。我々は日本人ですから、日本の医療機関で受診できることが最善です。もし大掛かりな病気だと感じたら帰国も考えましょう。

 まとめ:信頼できる韓国の病院もあるが、事前に調べるべきだ

大事なことは、事前に調べておくこと。そして、韓国であっても、日本語が通じる病院であっても、「外国」であることを忘れてはいけません。不便やトラブルはつきものです。むしろうまくいく方が少ないです。解決法を冷静に考えられると良いですね。私は当時できませんでしたけど。(笑)

最後までご覧いただきありがとうございました。

韓国
スポンサーリンク
ジェイをフォローする
文学部のジェイ

コメント